News

強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-90)。
37年という短い人生のうち、
画家として活動したのはわずか10年間にすぎません。
その短い画業にもかかわらず、
唯一無二の表現を獲得しえた背景には、大きな2つの出会いがありました。


27歳で画家として生きることを決意した
ファン・ゴッホをまず導いたのが、「ハーグ派」です。
農村生活を静謐な筆致で描いた彼らから、
ファン・ゴッホは画家としての基礎を学びました。
これまでファン・ゴッホとの関わりの中で
焦点を当てられる機会が少なかったハーグ派ですが、
ファン・ゴッホの画業の中でとても重要な役割を果たしたのです。
その後ファン・ゴッホはパリに出て「印象派」と出会い、
躍動する色彩の虜となりました。


本展では、約40点のゴッホ作品に加え、
マウフェやセザンヌ、モネなどハーグ派と
印象派を代表する巨匠たちの作品約30点や、
ファン・ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、
独自の画風にたどり着くまでの過程を掘り下げて紹介します。
ゴッホはいかにしてゴッホになったのか
―2つの出会いによって導かれた、
短くも濃密な10年間をご覧ください。

展覧会のみどころ

© National Gallery of Ireland

ゴッホとは

1部:ハーグ派に導かれて

© Centraal Museum Utrecht/Ernst Moritz

2部:印象派に学ぶ

© P. & N. de Boer Foundation

チケット情報

東京展上野の森美術館
兵庫展兵庫県立美術館
会  場 : 上野の森美術館
〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2
開館時間 : 9:30〜17:00
(金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休 館 日 : 12月31日(火)、1月1日(水・祝)
観 覧 料 :
(税込)
一般
1,800円 (1,600円)
大学・専門学校・高校生
1,600円 (1,400円)
中学・小学生
1,000円 (0,800円)
  • ※( )内は前売と20人以上の団体料金
  • ※小学生未満無料
  • ※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料(要証明)
主  催 : 産経新聞社
BS日テレ
WOWOW
ソニー・ミュージックエンタテインメント
上野の森美術館
後  援 : オランダ王国大使館
TOKYO FM
協  賛 : 第一生命グループ
大和証券グループ
髙松建設
NISSHA
アトレ
関電工
JR東日本
協  力 : KLMオランダ航空
日本航空
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン
お問合せ : 03-5777-8600(ハローダイヤル)※全日8:00〜22:00
会  場 : 兵庫県立美術館
〒651-0073 神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1
開館時間 : 10:00~18:00
(金曜、土曜は20:00まで、入場は閉館の30分前まで)
休 館 日 : 月曜日(祝休日の場合は開館し、翌火曜日休館)
観 覧 料 :
(税込)
一般
1,700円(1,500円)
大学生
1,300円(1,100円)
70歳以上
0,850円(0,750円)
高校生以下
無料
  • ※( )内は前売および20人以上の団体割引料金、70歳以上は前売なし
  • ※障がい者手帳をお持ちの方は、一般400円、大学生300円(要証明)、介護者1名は無料
主  催 : 兵庫県立美術館
産経新聞社
読売テレビ
後  援 : オランダ王国大使館
サンケイスポーツ
夕刊フジ
フジサンケイビジネスアイ
ラジオ大阪
協  賛 : 第一生命グループ
大和証券グループ
髙松建設
NISSHA
公益財団法人伊藤文化財団
一般財団法人みなと銀行文化財団
TKG Foundation for arts & culture
特別協力 : 公益財団法人日本教育公務員弘済会 兵庫支部
協  力 : KLMオランダ航空
日本航空
ヤマトグローバルロジスティクスジャパン
お問合せ : 078-262-0901(代)*火〜日 10:00〜18:00

本件についてのお問合せ先 「ゴッホ展」広報事務局(株式会社OHANA内)
担当:妹尾・細川・高橋
TEL:03-6869-7881
E-mail: gogh2019@ohanapr.co.jp
〒102-0074 東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F

modal