みどころ

静謐せいひつの「ハーグ派」と躍動の「印象派」人生ゴッホを変えた2つの出会い

強烈な色彩で人々を魅了し続ける画家、フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)。37年という短い人生のうち、画家として活動したのはわずか10年間にすぎません。その短い画業にもかかわらず、唯一無二の表現を獲得しえた背景には、大きな2つの出会いがありました。

27歳で画家として生きることを決意したファン・ゴッホをまず導いたのが、「ハーグ派」です。農村生活を静謐な筆致で描いた彼らから、ファン・ゴッホは画家としての基礎を学びました。これまでファン・ゴッホとの関わりの中で焦点を当てられる機会が少なかったハーグ派ですが、ファン・ゴッホの画業の中でとても重要な役割を果たしたのです。その後ファン・ゴッホはパリに出て「印象派」と出会い、躍動する色彩のとりことなりました。

本展では、約40点のゴッホ作品に加え、マウフェやセザンヌ、モネなどハーグ派と印象派を代表する巨匠たちの作品約30点や、ファン・ゴッホが手紙の中で語った言葉を交えながら、独自の画風にたどり着くまでの過程を掘り下げて紹介します。
ゴッホはいかにしてゴッホになったのか―。2つの出会いによって導かれた、短くも濃密な10年間をご覧ください。

《糸杉》《麦畑》《薔薇》ゴッホのエッセンスを凝縮した構成

同じモティーフを繰り返し描いたファン・ゴッホ。今回、7年ぶりの来日となる《糸杉》をはじめ、《麦畑》《オリーヴを摘む人々》など、晩年のファン・ゴッホが重要なテーマとして挑み続けたモティーフの作品が一堂に会します。

また、ファン・ゴッホが手掛けた数多くの静物画の中でも「最も美しい作品のひとつ」と称される名作《薔薇》も登場。「これぞゴッホ!」―画家のエッセンスが詰まった構成です。

10か国・地域、25か所世界中から貴重な作品が集結

これまで日本で開催されてきたゴッホ展は、故郷オランダの所蔵作を中心に構成されることが多くありました。本展ではファン・ゴッホとハーグ派の重要なコレクションを所蔵するオランダ・ハーグ美術館館長の監修のもと、イスラエルやスイス、モナコ公国など10か国・地域、25か所にわたる所蔵先からの借用を実現。記録で確認されるかぎり日本初公開となる《パリの屋根》など、これまで日本で紹介される機会が少なかった貴重な作品と対峙いただけます。

※東京展・兵庫展のみの出品作もあり
(2019年7月11日現在、日本含む)

Photo: Robin de Puy © Kunstmuseum Den Haag

監修者からのメッセージ

ベンノ・テンペルハーグ美術館館長

豊かな表現力と鮮やかな色彩で、今もなお世界中から愛される画家、フィンセント・ファン・ゴッホ。本展はハーグから始まり、パリ、アルル、サン=レミ、そしてオーヴェル=シュル=オワーズで悲劇的な死によって幕を閉じるまでのその画業の変遷を、「ハーグ派」と「印象派」という彼に影響を与えた画家たちの作品を交えながらたどります。

ファン・ゴッホの作品の発展におけるハーグ派の重要性は、これまでほとんど知られてきませんでした。王室と政府がおかれるハーグは、その経済的・文化的な豊かさによって多くの芸術家を育てました。19世紀後半、オランダ美術にフェルメールやレンブラント以来の国際的評価をもたらしたハーグ派はその代表です。

ハーグ派の重鎮だったアントン・マウフェやマテイス・マリスらの作品はパリやミュンヘン、ニューヨークでも紹介され、高い人気を獲得しました。彼らの得た名声と収入は、ファン・ゴッホが画家を志すきっかけのひとつとなったことでしょう。

何より、ハーグ派が描いた農民や漁民の生活といったモティーフは、ファン・ゴッホの社会的な興味と一致するものでした。その後ファン・ゴッホはパリで印象派と出会い、やがて唯一無二の表現を花咲かせます。

ファン・ゴッホの芸術は多くの出会いによって形作られたのです。本展に出品されるファン・ゴッホと、彼の同時代作家たちの作品は、ファン・ゴッホの人生と芸術にまつわる新たな物語を示してくれることでしょう。

Photo: Gerrit Schreurs © Kunstmuseum Den Haag

ハーグ美術館について

南西部の行政都市・ハーグに1866年に設立されたオランダ最大級の美術館。約16万点に及ぶコレクションは、モンドリアンやピカソ、モネなど近現代美術のほか、装飾芸術やファッション、楽器など多岐にわたる。オランダ近代建築の父・ベルラーヘによる外光を取り入れた建築もみどころのひとつ。